訪問調査とは

自宅に直接リクルーターさんが来て、条件に合った場合には玄関先などでアンケートに回答します。時には、アンケート用紙を預かり、後日回収に来る場合もあります。

■調査会社はクライアントから、特定の地域の特定の属性(年齢・性別など)を対象としたアンケートを実施して欲しいという依頼が入ると、全国各地に抱えている「リクルーター」さんという調査員に依頼します。

■リクルーターさんは過去にアンケート回答してくれた方の中から、対象の属性となる方をピックアップし、直接自宅に行き、アンケート回答の依頼をします。
しかし、対象の属性となる人数が少ない時には、新たに該当する方を探さなくてはなりません。するとリクルーターさんは、対象地域の家を一軒一軒訪問し、対象となる方で調査に協力してくれる方がいないかを探します。ですので突然、あなたの自宅に訪れることがあります。

募集元
主に、調査会社が採用している調査方法です。

謝礼・時間
正式な調査会社のアンケートですので、一回の謝礼が500~2,000円と高額です。(主に図書券など)更に、調査会社から郵送でアンケートが届く事もあります。

小さい子供がいても出来る?
自宅でのアンケート記入ですので、可能です。ただ、アンケート票にいたずら書きをされたり、汚されたりしないように、気をつけてくださいネ。

注意事項
インターフォンごしに断られ、悲しい思いをしているリクルーターさんも多いので、もし来られた時には、アンケートに協力してあげてくださいね。一度回答すると、次回また対象の属性に当てはまるアンケートが発生した時には、訪れてくれる可能性が高くなります。

ただし中には押し売り目的の悪徳業者もいますので、要注意です。

調査会社から派遣されたリクルーターさんの場合、必ず最初に、調査対象か否かの確認をします。対象外であれば、今回はごめんなさい。次回、お願いします。という対応をするはずです。 ※性別・年齢毎に、回収する人数が定められているためです。

悪徳業者は、そんな事はおかまいなしですので、見極める判断材料の一つにしてくださいね。

※訪問調査を行う調査会社は、かなり少ないので、大手調査会社の名称は、あらかじめ知っておくと良いでしょう。日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)などに所属している調査会社は特にチェックです。

前へ  ◆  次へ
MONITTO会員募集中
 ▼コツのメニュー

モニター用語集

治験LINK

HOMEへ 企業向けサービスへ ページTOPへ メニューへ